クルマの人気カラーや特徴、カーボディケアについて解説するサイト

この記事をシェアする

クルマの車体色の人気を知ろう

濃いボディカラー

ブラックやダークブルーなど、原色に近い濃いカラーリングは、落ち着いた印象を与えますが、それは逆に、クルマのボディラインの魅力を打ち消したり、ともすれば地味、暗いという印象を与えてしまう逆効果もあります。
かと言ってコロコロとカラーリングを替えることができないのがクルマのボディカラーの難しさなのですが、それだけに、自分がどういった用途でクルマを使用するのかという点をしっかり考えておくことが重要となります。
なお、濃いボディカラーは汚れが目立ちにくいというメリットはあるものの、逆に傷がつくと非常に目立ってしまうということの裏返しにもなります。
傷はつけないに越したことはありませんが、付けてしまった場合、箇所と大きさによっては専門店で研磨などを相談することも考慮すべきです。

薄めのボディカラー

薄めのボディカラーは、どこへ乗っていっても目立ちすぎず、かと言って野暮ったくもなく、おしゃれな雰囲気を与えてくれます。
パールホワイトなどは、そうした街乗りのプライベートな需要と、ラグジュアリーな(かしこまった場所でも)雰囲気を兼ね備えたカラーリングといえます。
ただ、一長一短というのがカラーリングというもので、例えば濃いボディカラーなら多少の汚れは大して目立たないのですが、薄めのボディカラー、特にホワイトに近いカラーリングの場合、小さな汚れも目立ってしまいます。
汚れを気にする場合は特にこまめな洗車が大事と言えるでしょう。
なお、クルマ側面によく付く黒いシミは「鉄粉、タール、ピッチ」などの非常に頑固な汚れなので、無理にこそぎ落とそうとせずに、専用洗剤か、専門店に汚れ落としを依頼しましょう。
(特にコーティングしたクルマなら、自己判断せずに専門店に一度相談がおすすめです)



PAGE
TOP